2018-12-30

【詩・朗読】ありのまま

ありのまま

大きく見せない
小さく見せない

知ったかぶりをしない
知らないふりもしない

ありのまま
そう
素顔の自分が自然体でいること

強く見せない
弱く見せない

人の目を怖がらない
人の評価にびくびくしない

ありのまま
そう
素顔の自分で生きていること

arinomama-kinomi-1

だけど現実の自分は
それとは、かけはなれている

人の目と人の評価を気にする
臆病な心の自分がいる

けれど…
ある時、気がついた

人の目や人の評価と信じていたけれど

人の目…つまりまわりの目って
自分が自分を見ている目ではないのか?

自分が勝手に
想像している思いではないのか?

arinomama-kinomi-2

人を恐れて

自分の基準で
自分の思い込みで

人の目を人の思いを

勝手に想像して
作り上げていたんだ

自分を縛っているのは
まわりではない

自分なのだと気が付いた

ありのままでいられたら
自然体でいられたら

arinomama-kinomi-3

わがままとはまったく違う

繕わない自分でいること

まわりの目に怯えない自分でいること

それが
大切な自分の人生の主人公でいる秘訣

ありのまま

ありのまま

愚かな人は、

すぐに怒りをあらわす。

しかし賢い人は、はずかしめをも気にとめない。

A fool’s vexation is known at once.

But a prudent man conceals dishonor.

旧約聖書 箴言(しんげん) 第12章16節

関連記事